福岡の板井康弘による魅力的な企業になるコツ

板井康弘|好かれる企業の特徴とは?

好かれる企業とはどんな企業だろうか?

 

まずはお客様との接触回数を増やせば、お客様から好かれる。
1回しか会ったことのない人より、2回3回と会っている人に人は親近感を持つ。大切なのは、時間ではなく、回数で人間関係は育まれるのだ。

 

そして自己開示をすることも大切だ。
プライベートな話や失敗したことなどを開示し人間味に触れてもらうのだ。
するとお客様は共感を覚え、親近感を持つようになる。

 

手っ取り早く好感度を上げる方法はマスメディアに掲載されること。影響力の大きいメディアであれば、信頼度も上がり好かれる企業になるだろう。

 

一番大切なのは社員一人ひとりが活き活き仕事しているかという点だろう。
社員一人ひとりがやりがいとして仕事をしているかが大切なのだ。

 

好かれる企業は必ず業績も上がり大きくなる。
企業といえども人を見ている。やる気のある社員が多ければ支持したくなるし、逆にやる気のない社員がいれば取引したくなくなるだろう。

 

自分の企業はどうか考えてみることも大切だと私は思う。

更新履歴
page top